梅雨の時期だからこそ「掃除」です【更新】梅雨の時期だからこそ「掃除」です | 川崎市の賃貸のことならERA第一ハウジング株式会社

オーナー向け経営情報

  • 梅雨の時期だからこそ「掃除」です

    2017-06-26

       意外にも、雨による湿気が高くなる梅雨の時期は掃除に適しているとのこと。湿った空気により汚れやほこりが取りやすくなっているので、労力少なくキレイにできるのです。

     また、この時期に掃除をしておくことで、カビ、ダニの最盛期を抑制することができます。

     

    <室内の掃除>

    ●床・フローリング・カーペット

     室内にはホコリや衣類などの布製品から発生する繊維ゴミ、髪の毛やダニのフンなど、目に見えるものから見えない微細なものまであらゆる汚れが発生しています。

     湿気のある梅雨の時期はほこりがあまり舞い散らないので、こうした汚れやほこりが取りやすくなります。市販のウェットシート等や水分をしっかり絞ったクロスなどで拭くと効果大です。

    ●壁(タンスの裏側など)

     壁に発生するカビはあなどれません。電化製品やタンス等を壁につけて設置していると接面の風通しが悪くなりカビが生えてしまうことがあります。こうしたカビはアレルギーの原因にもなり、健康上もよくありません。ひどくなる前に対処することが必要です。梅雨の時期はタンスや家具などを動かしてもほこりが舞い上がらないので、接地面をしっかり掃除をすることができます。
     掃除後は壁から離して置いて風通し良くしておくとカビ防止に効果的です。

    ●キッチン

     水仕事を多くするので常に湿度・温度が高く、カビが発生しやすい場所です。こまめに換気扇を回して料理等による湿気をこもらせないようにし、汚れを長時間放置しない等、日常的に気を付けることでカビの発生を抑止できます。

     壁などについたカビなどは賃貸住宅では入居者負担で修繕するケースもあります。退去時のトラブルに発展しない為に、当社では物件を長く使っていただくために、よりよい使い方を契約時にお話しさせていただいております。

    ●浴室

     キッチンと同じく、湿度・温度が高くカビにとって居心地のいい場所です。特に日常的に洗い流さない天井や換気扇にカビが付きやすいので、この時期にしっかりと拭いておくことで広がりを防止できます。その上で換気をし、乾燥させて仕上げに防カビ燻煙剤をかけるとさらに安心です。

     

    <室外の掃除>

    ●窓ガラス・網戸

     梅雨時は雨や湿気で汚れが浮いて拭きやすくなっています。網戸汚れがひどい場合は掃除機をかけてから網戸用お掃除クロス等でふくとキレイになります。

    ●ゴミ置き場

     アパートやマンションの共用のごみ置き場では、梅雨時から夏にかけてにおいも気になります。

    生ごみとそれにともなう臭いは水で汚れを浮かせてブラシでこすることで取り除くことができます。デッキブラシもいいですが、ハケを使用すると凹凸のあるゴミストッカーの隅々までキレイにできます。

     また、ゴミ置き場に設置されている水道がある場合は、蛇口とホースが針金で固定されているケースがよく見られますが、ホースが劣化して水漏れすることがあります。蛇口とホースにそれぞれ連結具を取付けて、ワンタッチで取り外しできるようにすると劣化も防げて便利です。

     

    参考:「全国賃貸住宅新聞」 ㈱全国賃貸住宅新聞社


    テーマ名 情報誌参考

    ページ作成日 2017-06-26

Copyright (C) DAIICHIHOUSING Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページトップへ

メニュー